リサイクルショップと不用品回収業者のそれぞれの特徴

>

その他のリサイクル方法

ネット上で売っていく

ここ最近増えてきているのが、ネット上で不用品を売っていくというパターンです。

ちょっと検索してみただけでも、ネットでの売買のやり取りはかなり出てきます。
例えば、オークションサイトやフリマアプリ、そしてそれ専用のサイトもあり、自分の手で売ることが可能になっていきました。

自分で売るということは、自分が売りたい値段で設定出来ますし、先方との値段交渉も自分で可能です。
もちろん、サイトの中には売買ではなく無償でお譲りするというところも存在していますので、ご自分に合ったのを選択すればいいでしょう。

むしろ、年々増加傾向にあるという点では、こちらの方法がいつかは、これからの主流になっていきそうな予感がしますね。

衣類ならこんなことも可能

また、衣類の場合はこういった処分方法もあります。

ここ最近、数々の有名店ではお客さんが持ち込んだり郵送で送ってきた不要な衣類を引き取ってくれるというサービスを行っています。
その引き換えとして、お店によって違いはありますが割引クーポンなどをくれたりします。

では、その引き取られた衣類はどうなるのでしょうか。
だいたいのところが、古着として格安で売ったり、売らない場合は被災地やいろんな国へ無償で寄付したりしています。

場合によっては衣類そのものではなく、現地でお金やワクチンに変わって、現地の人々を救っていたりしています。

自分が不要になった衣類が、困っている人たちの助けになっていると聞くと、なんだかすがすがしい気持ちになりますね。


この記事をシェアする